お風呂の水のトラブル

お風呂は家の中でもよく使う場所であり、水を多く使います。体を洗う場所なので、水のトラブルが発生し使えなくなると不便でしょう。蛇口から配水管と多くの水関連のパーツがあるので、水のトラブルも起きやすい場所です。

■お風呂のトラブル

お風呂場には、いくつか水を使うパーツがあります。給湯器・蛇口・シャワー・配水管などがありますが、これらに水のトラブルは発生します。
蛇口やシャワーであれば、締めているのに水が漏れてくる、水が出ないといった事態が考えられ、配水管であれば水が流れないといったことや、悪臭がするなどの例があります。給湯器が原因のトラブルとして多いのは、蛇口やシャワーからお湯が出なくなる症状です。
このようなトラブルは、蛇口やシャワーであれば、パッキンなどのパーツ交換で済む可能性もあります。蛇口やシャワーに問題があれば丸ごと交換です。排水溝が詰まっていれば、詰まりを除去します。

■トラブルを防ぐ

お風呂場は使い方次第でも、トラブルを防ぎ発生しにくくできます。蛇口やシャワーは強く締めすぎないようにすることがコツで、無理に締めるとパッキンの劣化を早めます。髪の毛などは排水溝に流さないようにして、ゴミ取りネットなどを張って流れるのを防ぎます。
お風呂は湿度が高くなると、パーツにカビが生えて劣化が早まるので、使用後は窓を開けて換気します。蛇口などは濡らしたままにせず、お風呂上がりに拭いてください。水垢も劣化を早めるので、浴槽や蛇口、排水溝のフタなどは水で濡らしたままにしない方が良いでしょう。

■まとめ
お風呂場は湿度が高くなりやすく、水のトラブルも起きやすい場所です。簡単なパーツ交換で済む修理であれば、費用はそれほどかかりません。しかし配管が劣化する、タイルに水が染み込みカビが生えるなどの症状が出れば、大がかりな修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ